オフィスチェアを購入する|働きやすい環境づくり

効果的なデザインに

ビル

オフィスデザインのポイントは動線

一口に使い勝手の良いオフィスデザインと言っても、企業によって良し悪しは変わってきます。まずは、現状で改善したい点を明確にしておきましょう。また、デッドスペースがどこにあるかも確認しておきましょう。会議室の机やイスをしまうちょっとした場所など、意外なところにもデッドスペースがあるかもしれません。改善点が分かったら、普段のワークスタイルを考えます。内勤が多いのか、営業が多いのか、来客はどのくらいか、小ミーティングはどこで行われているのかで、働く人の動き方は変わってきます。この動線を明確にし、スムーズに動ける動線を考えながらオフィスデザインをしていくと、快適な環境を作りやすくなります。動線が多く重なるところをコミュニケーションの中心部を作るのもおすすめです。

スマートなオフィスを目指しましょう

オフィスデザインを考える時に、現在のデッドスペースも確認できたはずです。このデッドスペースをどのように解消していくかも、スマートで使いやすいオフィスデザインにする鍵になります。壁側に出しっぱなしにしていた折りたたみ式のイスなどは、専用スペースを設けてしまうとスッキリとした印象になり、無駄なスペースを省くことができます。また、効率性を考えたオフィスデザインにするなら、出来る限りコードレスにしてみるのもいいかもしれません。そのほうが見た目がすっきりするだけでなく、可動性も高くなります。特に会議や移動の多いオフィスにはおすすめです。余裕があれば、新しいシステムも取り入れて、よりすっきりとしたオフィスデザインを目指しましょう。